菅野彰

菅野彰の日記です

「夢の話」

 昨日、ばあちゃんの夢を見ました。ばあちゃんの夢を見ることは珍しくないです。いい年をして甘えた孫です。
 私の住んでいるところはまだ寒いので、私はばあちゃんが縫ってくれた半纏を着ています。半纏を着たまま、お湯を沸かしたりごはんを作ったりして、危ないなと自分で思っていたところに、ばあちゃんが夢に出て来ました。
 ばあちゃんは夢の中で、私の半纏の袖を縫い付けています。
「火がついたら危ないから」
 そう言われて、目が覚めました。
 昨日から火に近付くときは、半纏を脱いでいます。
 幼なじみにこの話をしたら、
「夢の中でもやさしいね」
 と、言われて、もう一周忌も過ぎたのにまた涙が出ました。
 死んだ人は夢の中では喋らないと、よく聞きます。ばあちゃんは多分、まだどっかでゆっくり生きてるのかなと思います。
 粗忽な孫に、見かねて訪ねて来てくれたのかなと、嬉しかったです。


 忘れられている(私に)、トップページを更新しました。

 五月二十二日売りの小説Charaに新作を書かせて頂きます。
 「毎日晴天!」の次巻も予定していますので、よろしくお願いします。
  1. 2013/03/29(金) 19:41:26|
  2. 日記