菅野彰

菅野彰の日記です

「中屋敷法仁リーディングドラマ 朝彦と夜彦1987」10/29~11/3 赤坂RED/THEATER

「中屋敷法仁リーディングドラマ 朝彦と夜彦1987」

 こちらのリーディングドラマの、台本を書かせていただいています。
 素晴らしい演出家さん、情熱溢れる役者さんたちです。
 普段私の本を読んでくださる方に、今回の上演からは話が逸れてしまいますが、少しご説明をさせてください。
 この戯曲は十二年前に書いたものです。上演予定で書いたのですが、その上演はなくなり、結局一度本に載せていただいて(こちらの本は絶版になっております)十二年ずっと眠っていた戯曲です。
 せめてと本に載せてくださった編集部には本当にありがたい気持ちでいっぱいですが、やはり戯曲は戯曲なので、このままでは何も意味を持たないなと思いながら十二年経ちました。我ながら大層気が長いなと思います。
 物語としては、山田睦月先生の漫画原作をさせていただいた「恋愛映画のように、は」に収録されている「夏の声」に酷似していますが、テーマが全く違います。何度か、せめてこの「朝彦と夜彦」を小説に直そうとしたこともありますが、戯曲を前提に考えた物語だったのでできませんでした。
 そんな中で、今回思いがけず、才能溢れる演出家の中屋敷法仁さんにリーディングドラマとして上演していただけることになりました。四人の役者さんも、みなさん才能と情熱に溢れる方々です。
 このままこの戯曲は眠り続けるのだろうと思っていた私には、こんなに立派な布陣で上演して頂けることは本当に望外の喜びです。
 そして上演台本は、戯曲の形は取っていますが内容はいつもの私です。
 普段本を買ってくださっているみなさまにはちょっと本よりは高めの、3900円というチケット代金ですが、私はどうしても観て欲しい。
 にも関わらずギリギリの情報解禁になってしまったことを、お詫びしなければなりません。申し訳ないです。
 様々既にご予定もおありかと思いますが、是非観に来てください。
 よろしくお願いします。
  1. 2015/10/08(木) 00:00:00|
  2. 朝彦と夜彦1987