菅野彰

菅野彰の日記です

「ちょっと一歩」

 今日で東日本大震災から、丸四年です。
 亡くなられた方々、行方不明の方々、様々な方を思って、私も二時四十六分に黙祷をするつもりです。

 去年、私何もできてませんと、辛気くさい日記を書きました。一昨年も書いています。
 三年が経ち、去年はその思いがひとしおで、落ち込みました。
 担当編集者鈴木に電話をして、
「何もできてないよ」
 と、己の不甲斐なさを愚痴りました。
 そのときに、鈴木に食べさせてもらった東北食べる通信の、いくらの話になりました。その名の通りシンプルだけれど情熱溢れる東北食べる通信の試みは、被災地でもある東北の生産者と、日本中を繋げようというものです。
 力を借りられないだろうかと、私は代表の高橋博之さんにお手紙を書きました。
 タイミングが良く、会っていただけました。関わる人と必ず顔を合わせる、そういう方なのだと思いました。
 東北から、食材やお酒を紹介するWEBエッセイを、鈴木と企画しました。A-linkさんのお力を借りて、去年の夏から月に二回というペースで企画はスタートしました。
 この企画は、もちろん鈴木や、高橋さん、
「菅野さんは何がしたいですか? お力になります」
 と、言ってくださったA-linkさん、後押ししてくださる方や読んでくださるみなさまのお力で、成り立っています。
 そのエッセイ会津「呑んだくれ屋」開店準備中の最新ページを開くと、ひたすら私が酒を呑んだくれてるわけなのですが!
 すみません、ただ楽しくやっています。
 ただ楽しくやっているのに、東北にはこんな美味しいものがある、問い合わせて食べてみよう、足を運んでみようと思っていただけたら、そんな嬉しいことはないです。

 3月11日を過ごすことは、とても、大切なことですね。
 あの日からの自分を見つめ直して、こうして会津「呑んだくれ屋」開店準備中では……まあ十六回目の酒を呑んでいる次第です。

 そしてやっぱり今日は、震災の折唯一卵を食べさせてくれた、パン屋さんのサンドイッチを食べます。
 あのときの気持ちはいつまでも忘れません。
 それは誰のためでもなく、私自身のためです。
 生きようね。

  1. 2015/03/11(水) 14:46:00|
  2. 日記