菅野彰

菅野彰の日記です

「ろくでなしとひとでなしとその息子の二年後」「ろくでなしとひとでなしとその息子の九年後」/「Char@」に掲載

 2003年に発行された「野蛮人との恋愛3 ろくでなしとの恋愛」の2年後の物語になる、「ろくでなしとひとでなしとその息子の二年後」が「Char@ vol.27」と「Char@ vol.28」に掲載されます。電子配信オンリーです。本編がもう電子しかないから電子なの。チャレンジ電子! お願いよ。
 青文字部分は全てリンクが貼ってありますので、よかったら飛んでみてください。

 このシリーズを全く知らない方にまずご説明。
 大丈夫だ。二年後から読んでも大丈夫だ。文庫を読んでなくてもわかるように書いたつもりだ。
 大学病院勤務の外科医柴田守と、同じ大学の剣道部の後輩だった結川貴彦と、守の息子の歩(二年後は七歳)の三人暮らしの話です。ボリュームは文庫で数えると70ページ分です。
 まっすぐ言います。「ひとでなしとの恋愛」と「ろくでなしとの恋愛」は、自著の中で最も好きな本です。自著ですが時々読み返していました。
 2003年に書き下ろした「ろくでなしとの恋愛」の後書きで、「守にも貴彦にも色々乗り越えて欲しいけど今は私には無理です。十年後に続きをふと書けたらいいな」と書きました。
 でもそのときは書けるとは思っていなかった。
 去年十三年が経ってまた読み返していて、私自身も十三年経って割と普通に生きてるし、この人たちもとりあえず生きてはいるだろうと思いました。
 十三年前は無理だと思った守と貴彦と、そして歩のその後を書きたいと思って、これは自分の書きたい気持ちだけで編集部に掛け合って書かせていただきました。
 電子に慣れない方も、できれば読んでいただけたら大変ありがたいです。
 多分続けて次の「Char@」に、「ろくでなしとひとでなしとその息子の九年後」が掲載されるかと思います。こちらも同様のボリュームです。歩が十四歳になります。
 大切に書きました。

 シリーズについて少し説明させてください。全て電子しかありませんが、「二年後」「九年後」を読んで気になったらこちらも読んでやってくださいませ。

「野蛮人との恋愛」
 これがシリーズの一冊目ですが、後の2冊と全く違うテイストです。
 剣道部の大学一年生の柴田仁(攻)と仙川陸(受)の物語で、守と貴彦も二人の先輩として登場します。守は仁の兄です。
 よく言われることで「エッセイと小説なんでそんなに違うのですか」という問いかけがあるのですが、この本は最も私のエッセイに近い小説だと思います。私が今まで書いた中で一番のラブコメです。コメディです。楽しいと思うよ。

「野蛮人との恋愛2 ひとでなしとの恋愛」
 こちらから柴田守が主人公の、結川貴彦との物語になります。
 ラブコメ要素はないです。でも私はこの本がとても好きです。
 特にラブコメにご興味がなければ、ここから読んでも大丈夫です。

「野蛮人との恋愛3 ろくでなしとの恋愛」
 ひとでなしとの恋愛の続きになります。後半で守の息子である歩が登場します。
 時々読み返していて、去年その後の彼らが書きたいと思えたことは、様々な仕事の中でも私には特別な思いでした。

 さすがにもう守と貴彦を書くことはないだろうと、エンドマークをつけたときは寂しかったです。
 読んでいただけたら、ただありがたいです。
 よろしくお願いします。
  1. 2017/04/25(火) 12:20:45|
  2. 告知

「泣かない美人」(ディアプラス文庫)1/10発売(協力書店特典SSあり)

 2017年の1冊目は、「泣かない美人」(ディアプラス文庫)1/10発売です。
 以前雑誌に書いた、百貨店の外商部を左遷された甲斐隼人と、引きこもりの杜氏吉野要の物語「泣かない美人」に、どちらかというとこちらが本題という「君が笑うときに」を書き下ろしました。
 私には初めてのご当地BLです。お気に召したら遊びにいらしてください。
 この本には、協力書店特典SSというものがついてきます。「忘れないように」という短編を書きました。
 まだ協力書店一覧が出ていないのですが、私はどうしてもこの特典ペーパーを入手して欲しい。
 何故かというと、少し不安が残ったんです。本編を書き終えて。
 その不安を、ペーパーに託しました。読んでやってください。アニメイト全店と、ネット書店通販もあります。
 青文字がリンクになっております。よろしくね。
「泣かない美人」特典情報
「泣かない美人」特典SSペーパー配布書店リスト
 書店さんが把握していない場合もたまにあるようなので、ついて来ない場合は書店員さんにお尋ねください。

 後書きにも書いたのですが。
 私はBLが好きですが、「これはBLというジャンルじゃなければ書けなかった」と毎回思うわけではないです。
 この本に関しては、久しぶりに強く思いました。BLでなければ書きたくても書けなかったと思って、BL作家で良かったとそんな一冊になりました。
 あとあまり好きなものを題材にしてはいけない……と日本酒に関しては思った。
 美しい挿画をくださった金ひかる先生とは、ものすごく久しぶりのお仕事です。変わらぬ魅力的な絵を付けていただけて、二重に嬉しかったです。
 年明け、是非読んでやってください。
  1. 2016/12/27(火) 17:03:30|
  2. 告知

「レベッカ・ストリート」(ディアプラス文庫)10月10日頃発売/10月1日初回特典情報追記

 10月10日頃、「レベッカ・ストリート」(新書館ディアプラス文庫)が発売になります。
 ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、この本は1995年にノベルとして発行されたものです。
 10年くらい前から出し直したいというお話をいただいていて、この10月に文庫化されることになりました。
 「HARD LUCK」の文庫化の時にほぼ手を入れなかったので、そんな感じになるかと思い安易に快諾して、結果、一文を除いて全文を書き直しました。
 じゃあ違う話になったのかというと、話は変わっていないと思います。
 こんなにも書き直すことになると思わなかったので、書き直している間中、
「担当さんは何故この話を欲しがってくださったの? こんなことになるんだったら新しい話を一から書いた方が良かった!」
 毎日そう思いながら地獄のような夏を過ごしておりました。終わりが見えない。何度も頭に戻る。
 けれどようやく直し終えて、今この物語と向き合って良かったと思いました。
 実際に書いたのは22年前になりますが、私は今もそのときと、書きたいことは何も変わっていないと知りました。
 今の私がもし多少飲みやすいカルピスだとしたら、「レベッカ・ストリート」はカルピスの原液みたいな物語です。私にはとても、大切な物語でした。
 しかし若書きというやつで、何もかもがふわっとした知識で書いてあり適当な状況描写が乱舞していて調べ直したことも多く、一ヶ月掛かりました。
 舞台は、1996年のニューヨークです。当時はそのときリアルタイムのニューヨークだったわけですが現代に直せない理由があり、90年代のニューヨークのままで書き直しました。
 ノベルの時のイラストは、高口里純先生に描いていただきました。アシスタントとして友人がたくさんお世話になっていて、その友人たちから先生が今仕上げているイラストがどんなに素敵か電話をもらったりしたことを思い出して、少し涙が出ました。
 今回美しいイラストをくださった珂弐之ニカ先生は、BL文庫の挿画を担当するのは初めてとのお話です。
 何か、感慨深い気持ちになりました。
 この物語にはシンとハルが登場しますが、「HARD LUCK」のパラレルのシンとハルで少し違う二人です。けれど思えばシンとハルも、松崎司先生、高口里純先生、峰倉かずや先生、そして今回の珂弐之ニカ先生と四人の素晴らしい作家さんに描いていただいてただありがたいばかりです。
 脱稿した日に担当さんから、私の書いたもので最初に好きになってくださったのは「レベッカ・ストリート」だったと聞きました。その話は初めて聞きました。
 長いおつきあいの担当さんの手元から新しく「レベッカ・ストリート」が出ることが、私自身とても嬉しいです。
 この話には、書きたい続きがありました。プロットも書いてないのに22年経ってもまだその話を覚えていて書きたいので、それも書かせていただくことになりました。続きの刊行は、来年を予定しています。
 カルピスの原液、どうかよろしくお願いします。

●10月1日追記●
 見本誌が届きました。いつになく捲るのに勇気が要る本です。それだけ力を込めました。
 本編には書き下ろしがあります。カイルと幸也の出会い、つきあい始めの話です。

 そしてディアプラス文庫恒例(なのかな?)初回特典ペーパーもあります。
 こちらは本編のあと、クリスマス前のカイルと幸也の短編です。本編が割となんというかこう寒めなので、付録短編は二人にしてはかなりの甘めにしました。かわいい話になりました。
 このペーパーは私の感覚で言うのは危険ですが、すぐになくなるということはないように思っていますが……お近くの書店さんを訪ねてみてください。書店員さんも全ての販促物を把握し切れていない場合があるので、該当書店さんでもしペーパーがついていなかった場合その場で申告してね。
 WEB書店での通販もあります。お近くに協力書店がない場合は、WEB書店をご利用ください。
 読んでいただきたいペーパーです。
 よろしくお願いいたします。
「レベッカ・ストリート」特典情報
「レベッカ・ストリート」初回特典ペーパー協力書店さん一覧

rebek.jpg

 
  1. 2016/10/01(土) 13:14:03|
  2. 告知

「オーディオドラマの音源を探しています」

 大山鳴動して鼠一匹出ずという可能性がとても高いので、どのようにこの記事を書いたらいいのか悩んでいたのですが。
 「デコトラの夜」のオーディオドラマの音源を探しています。
 すみませんがなるべくコンパクトに、ご説明させてください。
 このオーディオドラマに、私は原作者としてではなく、原作の帰属する出版社の許諾を得て脚本家として参加しました。時間としてはかなり前のことになります。
 発注元はA社、制作はB社で、出版社とは関わりなくフリーで受けたイレギュラーな仕事です。
 何故そんな仕事を受けたのかと言われれば、オファーを持ってきた仲介者を信頼してのことでした。当時私はオーディオドラマの脚本をいくつかやっていたということもありました。
 このオーディオドラマには完パケ(編集されてSEが入り商品として成立する完成品)が間違いなく存在するのですが、私の手元にはなく聞くこともできていません。
 私は脚本家として雇われただけなので、この完パケに対して私には一切権利がないのです。完パケは「世界に一つ」の状態で発注元に制作が渡すのが契約で、A社以外の何処も持つことができません。
 仲介者を通してこの完パケがどうなったのか何度か確認して来ましたが、ただ時間が過ぎてしまい、私自身が動こうと決めたのは去年でした。
 B社は確かに完パケを渡したけれど、A社は存在しないとの答えです。
 この辺の確認の経緯は、申し訳ありませんが考えるだけで疲れるので割愛させてください。
 どうしてこの記事を書いたのかというと、この完パケが持ち出されて誰かがダウンロード販売していたことが判明したからです。
 この件は、私には権利のない商品の話なので誰が販売したのか等追求はできないし、ごめんなさいそこまでは私もする気力がないです。
 ただ、この世にこの完パケが存在するとしたら、そのダウンロード販売で購入した方を探すしかもうないというのが現状なので、記事を書きました。購入した方は、このような経緯で販売されたことを知らずに買っているので、購入者に何か負債が生じることはないのでそこはご安心ください。
 大変申し訳ありませんが、もし購入して手元に音源が残っている方がいらっしゃったら、拍手コメントかサイトのメールフォームからご一報いただけないでしょうか。
 A社は権利を手放しているので、その音源が見つかれば今後どうするかをそれから新しい版元と協議します。
 出て来ない可能性が高いので、徒に皆様を騒がせるだけかと思い記事を書くのを躊躇っていましたが、後回しにしていいことでもないと思い書かせていただきました。

 この作品はもともと書き下ろし原作で漫画にしていただいたもので、私はそれを演出家指導のもとオーディオ用に脚本化しましたが、完パケに権利のない私がこの音源を探している理由は一つです。
 二人の役者さんがアフレコしてくださいました。
 お二人ともキャリアも実力もある方でしたが、演出家が映像畑の方で、普段は受けないようなダメ出しとリテイクを繰り返されたのではないかと思います。予定の収録時間は大幅に過ぎて終電もなくなりスタジオには酷い緊張感でいっぱいになりましたが、お二人とも愚痴一つ言わずに熱演してくださいました。
 深夜に収録が終わって、明日も朝早くから別のお仕事だというのに、役者さんの一人が留まってくださいました。
「とても勉強になる仕事で、自分はこの仕事で実力がついたと思います。この仕事ができて本当に良かったです。ありがうございました」
 深く頭を下げて行かれました。
 かなり前のことですが、そのときのことは忘れようもなく、それで音源を探しています。
 ファンの方にも届けたいし、何より私も聞きたいです。
 心当たりのある方は、お知らせください。
 どうかよろしくお願いします。

 最後に、大変身勝手ながらお願いがあります。
 検索するともしかしたら、この二人の役者さんがどなたなのかはわかってしまうかもしれません。その検索から出てくる会社は、持ち出してダウンロード販売をした会社ではありません。制作元に当たります。
 けれどどうか、騒がないでいただけたらと願います。
 まず完パケが出てくる可能性は残念ながら低いです。ダウンロード販売は短い期間に行われたようで、買った方がいたのかさえ不明です。
 そしてその音源が出て来たとして、使い物になる状態なのか、また音源があれば販売を考えると言ってくれている版元が実際どうするか。販売することになれば、予定の販売方法と異なるので役者さんの事務所と契約を交わし直さなければならず、今のところこの音源をお届けできる可能性は高くはありません。
 そういうものがあるのなら聞きたいというファンの方に、期待だけさせてしまうのは心苦しいです。
 出てくるにしても出てこないにしても、あのときの役者さんたちには謝罪してもしたりません。過酷な収録を見ていたので、音源が完全になかったらと考えると思うと私も言葉がないです。
 今後はこういった仕事を安易に受けないことを、強く心に留めていきます。自分には権利のない音源だと思わずに、原作者としてもっと早く動いていればと心から悔やみます。役者さん、ファンの方には謝ることしかできません。本当にごめんなさい。
 お騒がせする事項が続いて申し訳ありません。
 しばらくこの記事を置いて、どなたからもご連絡がなければ削除します。
 重ねて、よろしくお願いいたします。
  1. 2016/08/21(日) 13:30:32|
  2. 告知

「秋に呑み会がしたいの私」(満席ありがとうございます。締め切りました)

 満席ありがとうございました。締め切らせていただきました。
 すごいねみんな遠路ありがとう。是非周辺各地にも足を伸ばしてみてください。
 本日9/7に、参加者のみなさまへの最終確認メールを送ったのですが……送ったメールを数えたら参加者と数が合わない。
 ごめんなさいもしこのメールが来ていない。
 もしくは参加表明をした時点から何も私からのメールが来ていない。
 などの方は、改めましてメールまたは拍手コメントからメアドなどご連絡くださいませ。
 参加表明をしたのに返信がない方は、どの時点から返信がないのか書いてやってください。
 最終メール来ていないという方は、参加名とメアドをお知らせください。
 よろしくお願いいたします。

 祝日または有給などを使っていただけたら、その3時間以外は会津や、足を伸ばして宮城や岩手を旅行していただけたりなんかしたらありがたいなあと思っております。
 会津旅行の手引き
 宮城旅行の手引き
 岩手にも本当に行っていただきたいのですが、遠野、釜石に行って翌月先日の水害があり。
 でも釜石の方に伺ったところ、一番望むことは来て、見て知っていただくことですとおっしゃっていたので、行けそうな方は岩手についても調べてみてください。
 釜石は本当にお刺身が美味しかったよ。
  1. 2016/05/22(日) 20:46:44|
  2. 告知
次のページ